「UV照射実験」代行サービスのご提案(羽田UVテスティングルーム)

 

新型コロナウイルスの影響で出張ができない

遠方になるため、なかなか行けない

 

などなど、羽田UVテスティングルーム訪問を躊躇(ちゅうちょ)されていた方

そんな皆様に、朗報です!

 

シーシーエスでは、

   ① UV硬化テスト、各種UV照射実験(耐光試験、殺菌など)

   ② UV硬化剤等の濡れ性向上テスト

   ③ 窒素雰囲気での(酸素濃度をコントロール)UV照射テスト

   ④ 加温装置テスト

 

などの実証実験を代行するサービスをご提供しています。

 

ワークやUV硬化材料を宅配便でお送りいただければ、UV硬化に関する様々な実験・評価を代行して行い、

 

結果レポートをご提出いたします。

 

▼テスト内容

① UV硬化テスト、各種UV照射実験(耐光試験、殺菌など)


 

UV硬化材料をテスティングルームに常設している各種装置を使用してワークに塗布し、

お客様のご要望に応じて、光源の選択や、照射方法を検討して、

UV光源の効果を最大限に高めるための最適な周辺条件を探りテストを行います。

下記のように、UVランプとUV-LED照射器の比較が可能です。

 

 

▼常設装置及び、各種方式

 ・UV-LED照射器

   波長 = 395nm、385nm、365nm、313nm、280nm ※その他の波長について、ご相談ください。

 ・UVランプ

   メタルハライドランプ、高圧水銀ランプ

 ・塗布方法

   ディスペンサー、卓上コーター、スクリーン印刷、印刷適性試験機、スプレー塗装機

 ・硬化装置

   コンベア型照射装置(ワーク高さ500mmまで対応)、

   バッチ式装置(ワーク高さ300mmまで対応)※ステージ加温・冷却しながらの照射が可能

 

 

  その他、LEDを使用した平行光照射装置も完備しています。


↑コンベア式マルチUV照射装置

深紫外LEDを含む各波長のUV-LED照射器とUVランプとの硬化比較が行えます。 

近赤外・遠赤外照射器も搭載しており、ワークを温めてから硬化することもできます。

コンベアの幅は500mmで、400mm幅までのワークを流すことができます。

中はこんな感じ。


↑バッチ式マルチ波長照射装置

上部に設置したUV照射器で、A4サイズの広範囲にUV照射することができます。

ワークを乗せるステージは、加温ステージ・冷却ステージ・窒素パージステージをご用意。

様々な条件下での硬化実験が可能です。

② UV硬化剤等の濡れ性向上テスト


 

お客様のご要望に応じて、下記機器を使用して、表面のドライ洗浄を行います。

接触角の変化をレポートで提出いたします。

 

▼使用機器

 ・低圧水銀灯

 ・エキシマ照射装置(CDA+N₂混合空気吹き付け可能)



濡れ性評価中。

③ 窒素雰囲気での(酸素濃度をコントロール)UV照射テスト


 

N2(不活性ガス)パージボックスを利用して、窒素(不活性ガス)を封入し、

酸素の濃度調整・酸素阻害を抑制したUV照射テストを行います。

 

酸素濃度300ppm雰囲気作りも可能で、酸素濃度計を完備しているので、酸素濃度の確認ができます。

窒素雰囲気の設定後、コンベア装置で搬送しながら、UV照射やバッチ式装置を利用した固定照射が可能です。

 

▼使用機器

 ・N2(不活性ガス)パージボックス



④ 加温装置テスト

 

恒温槽を完備していて、溶剤乾燥、熱硬化実験が可能です。

また、近赤ヒータ,遠赤ヒータを利用したレベリング,ワーク加温実験にも対応しています。

 

▼使用機器

 ・恒温槽

 ・ヒーター

   近赤ヒーター、遠赤ヒーター



▼ご利用の流れ

 ➧

➧ 


まずは、お電話をいただくか、下記フォームよりお問合せください。

■資料請求/お問合せ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。