「エヌプラス2018」に出展いたします!

2018年9月26日(水)-28日(金)、東京ビッグサイトにて開催される

「エヌプラス2018」に出展いたします。

 

今年は展示スタイルを一新!

「UV」ゾーンに加え、「画像処理」ゾーンの2本立てです。

 

<UVゾーン>

LED方式/ランプ方式いずれのUV照射器も展示し、

硬化・接着から材料開発・表面処理まであらゆるニーズに対応いたします。

インクやコーティング剤の硬化には、深紫外LEDとUV-LEDの波長混合タイプをご提案。

また、東京・羽田エリアにオープンした「羽田UVテスティングルーム」について、

詳しい内容をご紹介いたします。

 

<画像処理ゾーン>

『「ライティング + α」で、検査環境をまるごとコーディネート』をコンセプトに、

あきらめていた画像処理検査実現や検査改善のヒントをご提案・ご紹介いたします。

↓展示例↓

・IoTソリューション(EtherCAT・EthrNet/IPによる外部制御とデータ収集)

・検査工程のコンパクト化(1ステージで検査用画像を複数同時取得)

・AI・ディープラーニング(画像処理検査の誤検出改善・精度向上)

・赤外照明検査、ラインスキャン検査改善 etc.

 

皆様のお越しをお待ちしております!

開催期間

2018年9月26日(水)-28日(金) 10:00~17:00

展示会場 東京ビッグサイト (アクセス) 

ブースNo,

東3ホール J-10
事前登録 https://www.n-plus.biz/registration/index.php

出展製品例

<UVゾーン>


深紫外「UV-LED照射器」

265nm、280nm、285nm、300nmの深紫外LEDを使った最新のUV-LED照射器を、

お客様それぞれの仕様に見合ったカスタム設計でご提案。

 

多波長混合UV-LED照射器も充実。



超々高圧水銀ランプ光源「165-SHU/D210-SHU」

■165-SHU

主波長:365nmのファイバー導光式ランプ光源。

 

■D210-SHU

主波長:300nm以下のファイバー導光式ランプ光源。

 

石英ファイバーの射出部形状は、

スポット/ライン/2分岐式など、カスタム対応も可能。


 

 

<画像処理ゾーン>


1回のトリガー信号で3回の高速スキャンを実現「1トリガー3スキャンシステム」

ラインセンサカメラを用いた撮像システム。

1回のトリガー信号によって、3つの異なる照明を用いて撮像した画像を

従来のラインスキャン1サイクル分で取得することが可能。

検査ステージの削減による省スペース化を実現し、

さらに検査スピードや精度も向上!



近赤外照明「TH-CIR」

食品の異物混入検査・含有物質検査・品質検査など、

近赤外線領域の波長特性を利用した撮像に最適。

 

波長特性は可視光から近赤外線領域(2,500nm付近)まで、

特殊なハロゲンランプにより長寿命も実現。

 

 


招待券申し込み/資料請求/お問合せ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

シーシーエス株式会社

〒602-8019 京都市上京区室町通出水上ル近衛町38番地

TEL:075-415-8277 FAX:075-415-8278 (国内営業部門)