【高解像度に、とことんこだわった照明】

2020.5.18

最近、カメラの高画素化に伴なって、大きな視野を確保した上で、

より高精細にモノを観察したいというニーズが高まってきています。

 

そのような状況で、照明は従来のままでいいの?

 

そんな疑問に答えるべく、いつもの名コンビがお客様とやり取りしている現場をのぞいてみましょう。

 

登場人物

ライティングコンサルタント Aくん

 ・・・数多くの難案件をライティング技術で解決に導く、期待のコンサルタント

 

営業マン Bくん

 ・・・若さと元気とやる気だけが取り柄のシーシーエスのムードメーカー的営業マン

 

T主任

 ・・・シーシーエスの製品を使っていただいている電子部品メーカーのお客様

 

 


 

今日は、お客様にお困りごとがあるということで、現地訪問したAくんとBくん。

さあ、今回はどのようなアプローチで問題解決していくのか、その様子を見てみましょう。

 

 

 

~ガコン、ガコン、ガコンッ!!!

 

Aくん 

「うわっ!ちょ、ちょっとB、 もう少しやさしく運転してくれよっ!

 大切な照明機材が破損してしまうじゃないか!!」

 

営業 Bくん

「あ、悪い悪い! 運転は荒いけど、心の中はすこぶるやさしいから許してくれ!」

 

Aくん 

「許せるかぁーーーっ!!」

 

~ガコン!ガコンッ!!!

 

営業 Bくん

「ふう。ほら、俺の華麗なドライビングテクニックで到着時間早まったし、

 お昼に弁当食べる時間ができたぞ!」

 

Aくん 

「確かにちょっとお腹減ってきたから、そうするか。

 最近はテレワークの人も増えてテイクアウト需要が増してるから、

 レストランでもこだわりランチがテイクアウトできる点は嬉しいな。」

 

営業 Bくん 

「えーっと、焼肉ハンバーグエビフライ弁当に、から揚げトッピングご飯メガ盛りで!!」

 

Aくん

「頼むから、後から食べ過ぎで仕事できないとか言うなよっ!!」

 

 

~腹ごしらえを終えた二人はお客様が待つ現場へ到着しました。

 

 

営業Bくん

「T主任、どうもご無沙汰しています!!」

 

T主任 

「やあ、Bくん。この何かと大変な時期にわざわざありがとうね!」

 

営業 Bくん

「いえいえ、こちらも本当に必要な時には、すぐに駆けつけますから!」

 

Aくん

「ところでT主任、今日はどういったことでお困りなんですか?」

 

T主任

「いや、実はね。今回、こちらのベアボードの外観検査を行おうと、

 以前に購入した旧型の同軸照明を引っ張り出してきて、セッティングしたんだけど、

 ピントがいまいち甘いというか、眠たい画像になるんだよ。」

 

営業Bくん

「眠たい画像って、ぼやーっとしてる画像になるということですか?」

 

T主任 

「そうなんだ。レンズも今回は結構、解像度の高いものを使って、

 フォーカスもバッチリのところに合わせているつもりなんだけどなぁ。」

 

Aくん

「ちなみにお使いのこのカメラはどれぐらいの画素数でしょうか?」

 

T主任 

「あ、このカメラ?確か、20メガのカメラを使っていたと思うよ。」

 

営業Bくん

「20メガですか!それはなかなかの高画素で見られてますね!!」

 

T主任 

「そうなんだ。見つけたい欠陥サイズが小さい上に、

 欲張って広い視野を確保したいからこんな構成になっているんだけど、

 肝心の画像がここまで眠たいと高画素カメラを使う意味がなくなるよ。」

 

Aくん

「なるほど。ここまで細かな検査をされるのでしたら、今お使いの照明では難しいですね。

 こちらの同軸照明に変えてお試しいただけますか?」

 

T主任 

「ん?これ、今使ってる同軸照明と一見同じに見えるけど、何が違うの??」

 

Aくん

「まあ、まずは試してみてください。」

 

T主任

「それじゃあ、今の照明を取り外して、こちらの照明に入れ替えて...。

 おー!すごい!! さっきまでの眠たい画像がシャープに写ってる!!!」

 

Aくん

「これこそが最新の同軸照明LFV3-Gシリーズの実力です!」

 

T主任

「なんで同じような照明でここまでの違いが出るんだ!?」

 

Aくん

「実はその秘密は照明の内部構造にあるんです。

 照明内部のハーフミラーの厚みを限界まで薄くすることで、光の屈折の影響を抑えて、

 ここまでクリアな画像が得られる同軸照明を実現しました。」

 

T主任

「これからどんどん高画素化を進めようとしてるから、これは本当にありがたいよ!!」

 

Aくん

「これまでは小さなサイズであれば、プリズムを内蔵した高解像度に強いタイプもありましたが、

 これだけ大きなサイズになると重量も価格も折り合いがつきませんでしたからね。」

 

T主任

「よし、早速デモ機をお借りして、評価を開始することにするよ!」

 

Aくん

「もうこれで眠たい画像に悩まされることはありませんね♪

 あれ、ところでBはどこに行ったんだ?」

 

T主任

「あ! あんな隅っこでウトウトしてる!」

 

Aくん

「こらぁーっ!!! お前が、眠たくなってどうするんだぁー!!!!!!! 」

 

 

 

                                        おわり

 


無料テスト機のご用意もございますので、社内での検証にご活用いただけます。

製品のお問い合わせについても、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問合せ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。