【明暗差にめっぽう強い照明】

2020.8.24

検査対象となる箇所に大きな明暗があり、いずれか一方を観察しようとすると、

もう一方が完全にハレーションしたり、真っ暗になったりで、検査できない!!

そんな事で悩まれた経験はありませんか?

特にラインセンサカメラを用いた撮像の場合は、検査部位の明るさ毎に何度も撮り直す事が難しいケースが多いと思います。今回も、いつもの名コンビが、そんな悩みにバシッとお答え致します。

 


こちらのページでの公開は終了いたしました。

 

続きは以下でお読みいただけます。

https://www.ccs-inc.co.jp/guide/tsurezurenikki/202008.html