【光量不足を解決!最強のローアングル照明】

2018.7.23

 

浅い角度から光を照射し、キズや凹凸を際立たせる用途で、使用するローアングル照明。

さまざまな検査で使用される一方で、暗視野での光量不足が悩みのタネになる照明です。

ところが今回、さまざまな技術的課題をクリアして、光量不足を解決する大進化を遂げました!

一体どんな風に生まれ変わったのか?その辺りをわかりやすく御説明します。

 

 

登場人物

SE(セールスエンジニア)Aくん ・・・数多くの難案件をライティング技術で解決に導く照明選定のスペシャリスト

 

営業マン Bくん・・・若さと元気とやる気だけが取り柄のフレッシュな新人営業マン

 

 

~営業Bくんが、めずらしく、お客様からお預かりしたワークサンプルを前に、真剣に実験に取り組んでいるようです・・・~


 

  営業 Bくん 

「あー!やっぱりそうか!!

この検査にはローアングル照明が必要なんだな。思っていた通りだ!」

 

SE Aくん

「お?めずらしいな!お前が一人でワークテストやってるなんて。」

 

営業 Bくん

「まあね。ちょっとお客様から急ぎのワークテスト依頼を預かっちゃったもんだから、

自分で、やってみてたんだ。」

 

SE Aくん

「やるなー!お前のフットワークの軽さは、結構お客様にも好評だもんな!」

 

営業 Bくん

「宅配ピザよりも早い提案を目標に頑張ってるからな。」

 

 SE Aくん 

「(笑)・・、それで、実験はうまくいったの??」

 

営業 Bくん 

「もちろん!と言いたいところだけど、

ローアングルでいい感じに特徴が見えるんだけど、光量がぜんぜん足りないんだ。」

 

SE Aくん 

「なるほど、このわずかに付着した汚れを検出したい訳だな。

確かにこれだけ微妙な汚れだと、よほど高出力照明か、カメラの露光時間を長くしないとしんどいな。」

 

営業 Bくん

「そうなんだよ。

ただこいつ、搬送スピードがめちゃ速くて、カメラも高速でシャッター切る必要があるんだ。。。」

 

 

SE Aくん 

「なるほど~。ローアングル照明あるあるだな。

わずかな拡散反射をしっかりと捉えたいというニーズにローアングル照明はぴったりだけど

光量がどうしても足りなくなってしまうんだよな。」

 

営業 Bくん 

「そうなんだよ。この問題、しょっちゅうぶち当たるんだけど、何とかなんないの??」

 

SE Aくん

「お前は、ほんとにラッキーな奴だな!

これまでなら、それは仕方ないね。で終わってたけど、今回はとっておきのがあるぞ!」

 

営業 Bくん

「ん?なんだ、なんだ!?まさか、飛び切り明るい大口径レンズとか出てくるのか??」

 

SE Aくん

「まあ、それも一つの手ではあるけど、今回のはそうじゃないんだ。

ちょうど開発が終わったばかりのこの照明だ!!!!」

 

営業 Bくん 

「おおー!!!

こいつは、パワーフラッシュ照明のローアングルバージョン!!!!」

 

 

 SE Aくん

「そう。定常発光じゃなくてもOKだから、今回みたいに搬送スピードがめちゃ速い場合は、

こいつを使えば、一発で問題解決だ!」

 

営業 Bくん

「ついに完成したんだな!これ、チップタイプのLEDなのに、よく立体基板上に実装できたな!」

 

SE Aくん

「そう、これが今までできなくて、技術サイドも長年かなり苦労してたんだけど、

ついに業界初の画期的な技術でその問題をクリアできたんだ!!」

 

営業 Bくん

「早速試させてくれ!!」

 

SE Aくん 

「よし、じゃあこのパワーフラッシュ専用電源に接続して…。」

 

ピカッ!ピカッ!ピカッ!!!

 

営業 Bくん

「すごい! 見たかった汚れがくっきりと見えてるっ!!!

光ってる時間が一瞬だから、見た目にはよくわからないけど、

撮像画像を見ると、桁違いに明るいことが一目瞭然だ!!」

 

 

ガラス表面の汚れ撮像

■従来のローアングル照明 + POD電源

光量が不足し、汚れの撮像は困難。

■LDR-PF-100SW-LA + 専用電源

超強力なストロボ発光で、

汚れを明確に撮像することが可能。


※写真はイメージです。

SE Aくん

「瞬間的に大電流を流すから、圧倒的な光量で観察できるんだ。」

 

営業 Bくん

「これは、今まで暗視野で観察する際に、光量不足で困っていたお客様にとっては大革命だな!!」

 

SE Aくん 

「まあね。様々なワークに合わせられるように、照明サイズも多数揃えたから、

この製品が出たことで、長年の課題が一気に解決されていくんじゃないかな。」

 

営業 Bくん 

「あ!!しまった!!」

 

SE Aくん

「なんだ?なんだ!?」

 

営業Bくん

「もうすぐ提案時間の30分になってしまう!

これ過ぎたら、宅配ピザなら“御代はいただきません”って言わないといけない時間だ!!」

 

SE Aくん 

「うわっ! まさかの、新製品の無償提供か!?

頼むから、それは自腹でやってくれーーーーっ!!!」

 

 

                                      おわり

 


資料請求/お問合せ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

シーシーエス株式会社

〒602-8019 京都市上京区室町通出水上ル近衛町38番地

TEL:075-415-8277 FAX:075-415-8278 (国内営業部門)